【知らなきゃ損】結婚式場の探し方|元式場支配人がコツや手順を解説!!

ご結婚が決まったカップルの皆様この度はおめでとうございます。

このブログを見ている方は、結婚式の準備を考えているのではないでしょうか?

結婚式は意外とお金に関するリアルな情報がないのが現状です。

これから結婚式を挙げるカップルの皆さんは、こんな【疑問】や【思い】はありませんか?

  • ゲストに素敵と思われる結婚式を挙げたいけど、予算は抑えたい
  • お得な結婚式場ってどうやって探すの?
  • 割引をたくさんもらう方法ってあるの?
はじめまして!当ブログの管理人のNICOと申します。

私は、ウエディングプランナーや式場支配人として約15年間、2000組以上の結婚式に携わってきました。

私の詳しいプロフィールはコチラ

結婚式を挙げるうえで予算はとても大切なポイントです。

このブログは【結婚式の費用を安くする】為の手順や情報を3つのカテゴリーで発信しています!

ウエトクのカテゴリイメージ図

【式場探し】

【節約術】

【豆知識】

結論からいうと結婚式を安くする方法は2つしかありません。

  1. 割引をおおく貰う(式場から貰う)
  2. 手作りや持ち込みで節約する(自分達で準備する)
割引を貰う事と自己努力という事ですね!

気になる節約金額は・・

節約⇒10万~20万くらい

割引⇒50万から条件によって100万以上

割引はかなりの高額ですね!!
結婚式を安く挙げる第一歩は、間違いなく割引をおおくもらう事です!

そして割引をおおく貰うには、【式場探し方】と【価格交渉】がポイントです。

 

 

結婚式の費用を安くするには下記①~③の流れが効果的です。

  1. 得する式場探しのコツを使って式場予約
  2. 式場見学で価格交渉
  3. 式場が決定したら節約のコツを使ってコストダウンする

▼知りたい所から読む方はコチラ▼

【画像から飛ぶ】

【式場探し】【式場見学キャンペーン】【節約術】【豆知識】

この記事では、具体的に割引を多くもらう為の手順を解説していきます。

このブログの手順通りすすると割引を最大化する事ができると思います。

このブログがおすすめな人
  • 予算内で理想の結婚式を挙げたいカップル
  • 予算重視で式場探しをしたいカップル
  • 式場見学キャンペーンで得したいカップル
このブログでわかること
  • お得な式場の探しかた
  • 式場見学のコツとチェックポイント
  • 割引を最大化させる具体的な価格交渉法

お得な結婚式場の探し方のコツ

結論からいうと、お得な結婚式場の探し方のコツは??

お得な結婚式サイトを利用し式場見学予約をするという事です。

結婚式サイトによって割引額やキャンペーン額などの金額がかなり違います
  1. お得な結婚式サイトを選ぶ
  2. 結婚式サイトのキャンペーンにエントリーする
  3. 式場見学やブライダルフェアを予約する(2~3ヵ所以上)
  4. 式場見学のポイント・コツを抑えて見学する
  5. 価格交渉をする

この手順が最もお得に式場を選ぶ事ができます。

では詳しく解説していきます!!

結婚式場サイトとは?

結婚式サイトのイメージ画像

結婚式サイトとはゼクシィ」「ハナユメ」「マイナビウエディング」などの事をいいます。

多くの式場から自分達の希望条件を設定し、効率的に式場探しができるサービスです。

8割のカップルは結婚式サイトから式場を決定しています!

結婚式サイトは大手企業から個人運営まで約20社以上あり特徴があります。

  • 割引や特典の金額
  • 式場見学キャンペーンの金額
  • 紹介できる式場数や対象エリア
注目すべきは、特典やキャンペーンの金額に違いある事!

同じ式場でも結婚式サイトによって、割引額やキャンペーンの金額が異なります。

だから、結婚式サイトを比較して選ばないと損する可能性がでてきてしまします。

戦略的に結婚式サイトを選ぶという事ですね!
でも、お得度の高い結婚式サイトは3社くらいです

>>>おすすめ結婚式サイトを見る

結婚式サイトとは【まとめ】

  • 結婚式サイトは20社以上あり割引やキャンペーン金額が違う
  • 比較して選ばないと損
  • お得度が高いサイトは2~3社程度
結婚式サイトの比較記事はコチラ↓

>>>【比較必須!】人気結婚式サイト10社|知識ゼロでも一目で選べる!

結婚式場サイトの選び方

結婚式場サイトの探し方のイメージ画像

【結論】結婚式サイトは比較して最もお得なサイトを選びましょう!

結婚式サイトのお得度を判断する比較のポイントは下記の3つです。

  1. 式場見学キャンペーンの金額
  2. お得な特典や割引の充実度
  3. 対象エリア&提携式場数

3つのポイントを詳しく解説していきます。

【式場見学キャンペーン】の金額

式場見学キャンペーンは式場見学するだけで、電子マネーギフトカードが貰えるきゃんぺーんです。

式場見学する人は全員対象になりGETできます
見学するだけで貰えるのはお得すぎる!!

通常、【式場見学+成約】で4万円~5万円の商品券や電子マネーが貰えて超お得です!

「ゼクシィ」「ハナユメ」「マイナビウエディング」などの多く結婚式サイトがキャンペーンを実施しています。

どのサイトがいくら貰えるかのまとめ記事はコチラ

>>>ブライダルフェアキャンペーンで商品券を手堅くGET|最新お得サイト公開

キャンペーンがお得なサイトを選ぶ!

【特典・割引】の充実度

結婚式サイトを利用すれば適応される割引や特典をチェックしましょう!

【キャンペーン】と【特典・割引】は別物です。

  • 【キャンペーン】⇒結婚式サイトからもらえる電子マネーなど
  • 【特典・割引】⇒式場からもらえる割引や特典

通常、特典や割引額は【時期・人数・日柄】などによって金額がかわります。

人気のある時期でも、割引に力を入れているサイトはかなり安くなります!

下記の画像は同じ式場の特典の一例です

 

割引額に差があります!!

同じ式場、同じ時期でもサイトによって割引額が違いますね。

会場ごとに割引や特典を比較するのは大変そうですね。。

比較表をみればわかりますが、キャンペーン金額が高いサイトは割引額も高い傾向があるので、キャンペーンがお得なサイトを選べば損はないです。

キャンペーンがお得なサイトは割引額も高い

>>>【比較必須!】人気結婚式サイト10社|知識ゼロでも一目で選べる!

対象エリアと提携式場数

結婚式サイトが紹介できる式場エリアが自分達の挙げたいエリアに強いかチェックしましょう。

結婚式サイトは対応エリアがあるので、比較表でチェックしてください

比較表はコチラ

結婚式サイト選び方まとめ

結婚式サイトの選び方は下記の3つのPOINTをチェックして選びましょう。

  1. 式場見学キャンペーンの金額
  2. お得な特典・割引の充実度
  3. 対象エリア&提携式場数
ポイントは式場キャンペーンが充実しているサイトを選ぶ事です!

>>>【比較必須!】人気結婚式サイト10社|知識ゼロでも一目で選べる!

次はお得&提携式場数が多いサイトの紹介です!

おすすめ結婚式サイト【2021年度最新版】

下記の項目を比較した結果、当ブログのおすすめ結婚式サイトを紹介します
  • ​キャンペーン
  • 割引・特典
  • サイトの使いやすさ
  • 知名度
  • サービス内容

ハナユメ

式場見学キャンペーン

ハナユメは【キャンぺーン】&【特典・割引】が超充実しています。

キャンペーンに応募するともれなく電子マネーギフトがもらえます。

(式場見学1.5万円、式場申込で4万円)

ハナユメのキャンペーン広告

>>>電子マネー5万円プレゼント!エントリーして式場を探す

式場見学キャンペーンGETの条件

  • キャンペーンの応募する
  • 式場見学を予約&見学
  • アンケートに答える

>>>【2021年5月】ハナユメのキャンペーン特典まとめ【応募条件&エントリー方法も解説】

ハナユメカウンターからの予約でも対象です!

さらに成約すると【結婚式キャンセル保険】と【レンタル用品賠償保険】もアンケートに回答するだけでプレゼントしてもらえます!

これは他の結婚式サイトにはないハナユメ独自のサービスです。

新郎新婦だけでなく、1親等までの親族の不幸やケガにも対応してくれています!!

>>>ハナユメで結婚式を探す

特典・割引

【ハナユメ割】という【時期・日程・人数】によって適応される割引があります。

条件がマッチすると、これらの特典がつくので超お得です!

>>>【2021年5月】ハナユメのキャンペーン特典まとめ【応募条件&エントリー方法も解説】

ハナユメのデメリットはないのですか?

ハナユメのデメリットは、提携会場が全国ではありません。

関東・東海・関西・九州・中国・四国・東北の25都道府県です。

【東京・大阪・名古屋は提携会場が多くゼクシィと殆ど同じくらいです】

提携会場数でいうと全国対応のゼクシィに軍配があがります!
希望エリアが東京・大阪・名古屋の方にはハナユメがおすすめです

>>>ハナユメで結婚式場を探す

ゼクシィ

式場見学キャンペーン

知名度&提携式場数NO1はゼクシィです。

結婚式といえば「ゼクシィ」♪

そんなゼクシィの式場見学キャンペーンはJCBギフト券で最大4.4万円!!

(式場見学1件で1.5万円・2件で3万円・3件以上で4.4万円)

*地域によって貰える金額が変わります

北海道は最大1万円・東北・中国・四国地方は最大2万円

ゼクシィは式場を成約しなくてもギフト券がもらえます

式場見学キャンペーンGETの条件

  • キャンペーンの応募をする
  • 式場見学を予約&見学
  • 見学後に【会場の写真】と【感想】を提出
【注意】ゼクシィ相談カウンター(オンライン含む)からの予約は対象外

結婚式場をまだまだ決めずにゆっくり検討したいカップルにはおすすめです!

>>>【2021年5月】ゼクシィのキャンペーン特典まとめ【応募条件&エントリー方法も解説】

特典・割引

ゼクシィの特典・割引は【花嫁割】です。

他のサイトと同様【時期・日程・人数】によって適応される割引が変わります。

平日・直近・大人数・早割など様々な条件に割引やプレゼントがついお得です。

100万以上の花嫁割が適応されるプランも多数あります。

ゼクシィのデメリットは?

ゼクシィは大手という事もあり、正直デメリットはないです。

しいていうなら、提携式場数が多くて迷ってしまうかもくらいですね!

ゼクシィは3大都市以外のカップルもたくさんの式場から選べるのでお勧めです!

>>>ゼクシィで式場を探す

マイナビウエディング

式場見学キャンペーン

マイナビウエディングは式場見学+成約で5万円の電子マネーがもらえます。

(式場見学で1.5万円・成約で3.5万円)

式場見学キャンペーンGETの条件

  • キャンペーンの応募をする
  • 式場見学を予約&見学
  • 見学後に【会場の写真】と【感想】を提出

>>>【2021年5月】マイナビウエディングのキャンペーン特典まとめ【応募条件&エントリー方法も解説】

>>>マイナビで式場を探す

自分にあったお得な結婚式サイトはみつかりましたか?

もっと、たくさんの結婚式サイトを比較したい方はこちら

>>>【比較必須!】人気結婚式サイト10社|知識ゼロでも一目で選べる!

結婚式サイトが決まったら、

式場見学orブライダルフェアの予約(キャンペーンのエントリーもお忘れなく!)

おすすめ結婚式サイト【まとめ】

関東以西で結婚式場を探している方は【ハナユメ】がおすすめ

全国で探している方は【ゼクシィ】がおすすめです!

 

結婚式サイトのキャンペーンにエントリー

結婚式サイトを選んだらエントリーをしなくてはいけません。

エントリーする事によって【式場見学キャンペーン】をGETする事ができます!

エントリーには、応募条件や応募方法が各社違います。

選んだ結婚式サイトの応募方法をみてください

結婚式場探しに迷ったらカウンターがおすすめ

  • 結婚式のイメージが全然決まらない。
  • 式場探しをしていて選べなくなった。
  • プロに自分達のあう会場を探してもらいたい。

そんなカップルはカウンターがおすすめです!

対面して結婚式の悩みや疑問を無料で相談できます。

キャンペーンや割引も結婚式サイトと同額ついているのでお得度も高いです!

【ゼクシィ】【ハナユメ】【マイナビウエディング】など全国に結婚式相談カウンターがあるので気になるカップルはチェックしてみてください

>>おすすめ結婚式相談カウンター徹底比較|デメリットも解説します

式場見学前の準備(決めておくと良い事)

カップルが相談しているイメージ画像

候補の式場が予約できたら、式場見学に行くまでに決めておく事を解説します。

下記の5つを話し合っておくと、式場選びがスムーズにできると思います。

  1. 希望時期
  2. 招待人数
  3. 場所
  4. 予算
  5. 結婚式のイメージ

事前準備をして効率的に式場選びをしてみてください。

まだ決まっていない事も多いと思うのでおおまかに決めておくくらいで大丈夫です!

 

>>>結婚式場見学までに決まておくいいころ詳細

式場見学のポイントとコツ

式場見学のポイントのイメージ画像

ここでは、実際に式場見学やブライダルフェアに行った時に注意するポイントを解説します。

式場見学が楽しみすぎます♪

結婚式場はどこも素敵な雰囲気でお花や素敵な調度品で飾られています。

自分達の結婚式を想像して感動するカップルも多く、肝心な事をチェックし忘れる事も多いです。

ここでは、現実的に式場見学でチェックするべき2つのポイントを具体的に解説します。

  1. 【施設・設備のチェック】自分達の理想の結婚式を挙げれるか?
  2. 【見積のチェック】自分達の理想の結婚式を挙げるにはいくらかかるのか?
まずは、施設・設備面のチェックPOINTです

①施設のチェックポイント

施設・設備のチェックはプランナーが館内案内をしてくれている時にチェックしていきます。

わからない事はプランナーにどんどん質問しましょう!

【挙式場】【披露宴会場】【待合室】【親族控室】のチェックポイントをまとめました。

挙式場(チャペル・神殿など)

挙式場は意外と収容人数が少ない式場が多いです。

パッと見た感じ広い印象でも椅子の数が少ない事がよくあります

ゲストが入った場合を想定した広さの確認が必要です。

最大人数はびっしりと着席した状態(かなり窮屈な印象)で設定されています。

また外を使用する場合は雨の日の導線も確認しておきましょう。

  • 椅子の数を数えて広さの確認
  • 立見がでる場合の立ち位置の確認
  • 外を使用する場合、雨の日はどうするのか

披露宴会場

披露宴会場は広さのチェックが重要です。

挙式場の広さチェックと同様、ゲストが入った想定で広さを確認してください。

最大収容人数がゲストの数と同じくらいの場合、かなり窮屈になります。

ゲストの人数より最低10名多い会場を選ぶのがベストです

また、披露宴会場では2時間半程度過ごします。

化粧室などの付帯設備も忘れずチェックしてください。

  • ゲスト人数より10名以上余裕があるか
  • ゲストのトイレの位置の確認
  • 死角がないかの確認
  • スクリーンが備え付けであるか

待合室

挙式までの時間、親族以外のゲストが過ごすスペースです。

雰囲気重視でつくられている事が多い為【広さ】と【付帯設備】を必ず確認してください。

化粧室・更衣室・クロークは必須です!

また、前後の結婚式と共有スペースとして使われる式場も多いので当日の状況をプランナーに確認する事がおすすめです。

  • ゲストが着席できる椅子の数があるか
  • クロークの有無
  • 更衣室の有無
  • 前後の結婚式と共有スペースかどうか
  • 共有スペースの場合混雑はどのくらいか
  • 授乳室

親族控室

親族が挙式までの時間過ごすスペースです。

親族は挙式時間の2時間前から来館される事も多く使用できる時間のチェックは必須です
  • 新郎親族控室と新婦親族控室が2部屋あるか
  • 全員着席できる椅子の数があるか
  • 挙式の何時間前から使用可能か
  • 着付け室、更衣室の有無
  • 美容室(ヘアセット等)の有無
  • クロークの有無
  • バリアフリーになっているか
  • 授乳室の有無
授乳室やバリアフリーは盲点でした!!

ゲストの顔ぶれに応じて、必要な付帯設備もかわります。

特にレストランや神社仏閣を検討されている方は必要な付帯設備のチェックを忘れずに!

ゲストが心地よく過ごしてもらえる設備があると安心ですね!

見積のチェックポイント

式場見学やブライダルフェアでは、見積の提案が必ずあります。

一般的に初期見積もりは、結婚式に必要な最低限の項目と最低ランクの商品で作成されることが多いです。

初期見積から150万あがった。。という口コミをよくみかけます。。

ここでは、最終に近い金額での見積を作成してもらう事をおすすめします。

プランナーには「最終に近い見積を作って欲しい」とオーダーしましょう。

見積がでてきたら、以下の2点をチェックしましょう

  1. 必要な項目が全て入っているか
  2. 入っている項目のグレードが適正か

初期見積もりは結婚式場を選ぶときに重要な判断材料になります。

正確な判断ができるよう、現実的な初期見積もりを作成してもらって下さい。

>>結婚式の見積のアドバイスまとめ

見積のチェックPOINTはあがりやすい項目を解説します

料理

料理は1万円~2.5万円くらいの幅がある事が多いです。

料理は最もあがりやすい項目の一つなので、最初から現実的なコースを見積に入れてもらう事がおすすめです。

低いランクは、品数が少なかったり肉料理が鶏肉・豚肉だったりします。
  • 品数は5品以上あるか
  • 肉料理は牛肉なのか
  • 子供料理の価格
  • コースをカスタマイズできるか(1品追加や単品のメニュー変更)

飲み物

フリードリンクはランク別の種類を確認すると良いです。

カクテルやワインが入っていないケースが多々あります。

ゲストの顔ぶれを想像して自分達にあうランクを選んでください

またウェルカムドリンクや乾杯酒が入っているかも確認しましょう。

  • ワインやカクテルなどの料金
  • ウェルカムドリンクが入っているか
  • 乾杯酒の種類と料金(シャンパンorスパークリングワイン)

装花

初期見積もりに入っているお花は最低ランクである事が多いです。

必ず参考写真を見てボリューム感を確認してください!

また、装花はオプションが多い項目でもあります。

髪飾りや贈呈用花束など必須のオプションも多数あるので初期見積に入れてもらうと安心です。

  • メイン・ゲストテーブルのボリュームを参考写真でチェック

【オプション】

  • メインバック
  • ヘッドパーツ
  • 贈呈用花束
  • カラードレス用ブーケ
  • トス用ブーケ
  • 新郎新婦グラス
  • 化粧室・受付用ブーケ
  • ウエディングケーキまわりなど

衣装

衣装はプランになっている式場が多いです。

ある程度のドレスを選ぶと最低でも25万くらいはします。

また、衣装に関連する小物類も必ず必要になるので確認しておきましょう。

  • いくらのドレスが選べるのかをチェックする

【オプション】

  • ベール
  • アクセサリー
  • 靴(新郎新婦)
  • ブライダルインナー
  • 新郎のシャツ
  • グローブ
  • サスペンダーなど小物

印刷物

印刷物とはペーパーアイテム一式の事です。

自分で作成しても費用がかかるので、初期見積もりにいれておきましょう。

  • 招待状(招待人数の8割)
  • 席次表(招待人数の8割)
  • メニュー表
  • 席札
  • 芳名帳
  • 筆耕料金

記録

写真撮影代、アルバム代、ビデオ撮影などです。

記録は商品によって【撮影のカット数】【クオリティ】が異なります。

商品自体の単価が15万~25万と高額なので現実的な商品を選ぶと安心です。

  • 商品を実際に見せてもらい確認する
  • 希望のシーンが撮影できる商品であるか
各ポイントを参考に現実的な見積を作成してもらって下さい!

最後に作成された見積をもとに割引を最大限つけてもらうコツを紹介します。

価格交渉のコツ

価格交渉のイメージ画像

割引を最大限にする価格交渉の前に、チェックするべき事が1つあります。

見積に適応されるべき割引が反映されているかです。

確認方法は、サイトの割引プランが反映されているかをチェックするだけです

価格交渉で得る割引は、通常の割引ではなく特別に割引をしてもらう金額の事です。

最後の一押しを価格交渉するイメージです!
価格交渉ポイント
  • 成約を前向きに検討している意思を伝える
  • 10万から20万以内の金額を希望する

価格交渉のタイミングは、プランナーが契約を勧めてくる時がベスト。

このタイミングで価格交渉するのが最も効果的で成功率も高いと思います。

この会場で結婚式をあげませんか

「とても気に入っていますが、ちょっと予算オーバーです」

「契約したいと思ってますでも、ちょっと勇気がでなくて最後の一押ししてもらえませんか?」

「この商品を割引してくれたら、本気で考えます」

「まだ他の会場を見学予定」

この会場で結婚式をあげませんか

ポイントは成約する意思を伝える事と金額です。

【知らなきゃ損】結婚式場の探し方まとめ

損しない結婚式場の探し方をまとめるとポイントは3つです。

  1. 式場見学キャンペーンが充実しているサイトを選ぶ
  2. 現実的な見積を作成してもらう
  3. 価格交渉をする

まずは、お得な結婚式サイトから式場見学予約(2~3ヵ所)

エントリーは忘れずに!

式場見学では、現実的な見積を作成してもらい、最後に価格交渉をする!

知識をつけてお得に理想の結婚式をあげてください!