式場探しのコツ

【ハナユメ割】100万割引は実際に適用される?お得になる人VSならな人が判明!

ハナユメ割の公式広告画像

【ハナユメ割】は結婚式費用が100万円以上もお得になると話題!

100万円の割引があれば、贅沢な結婚式や浮いたお金を新生活にまわしたり夢がふくらみますよね?

でも、実際に100万以上の割引ってあるのでしょうか?

実際は殆ど使われてない宣伝文句かも?

どんな条件の人が、100万円以上もの割引を適用されるのか気になりますよね?

そもそも、自分達に割引が適応されなければ意味がありません。

こんな疑問はありませんか?
  • 自分達の結婚式はハナユメ割を使ってお得になるの?
  • 100万以上の割引って実際もらえるの?
  • 条件は何?どれくくらいのハードルなの?

私は、ウエディングプランナーや式場支配人として約15年間、2000組以上の結婚式に携わってきました。

詳しいプロフィールはコチラ

私は都内の1か月に100組以上のカップルが来館される人気の会場に勤めていました。

半年以内の挙式、半年以上先でも人数や日時によって、100万円以上の【ハナユメ割】は実際に頻繁に適用していましたよ!

一方で20万程度しか【ハナユメ割】をつけれないお客様もいらっしゃいました。

えっ!その違いは何??

その違いは、日程・挙式時間・人数です。

中でも日程が大きい違いですね!

結論からいうと

【ハナユメ割】は100万以上の割引が実際にあります。

ただし、条件によって20万~150万くらいの割引幅がある

【ハナユメ割】は日程によって割引額がかわるという事です。

お得になる人vsならない人の境界線は日程です。

100万円以上の割引を適用されるには、日程の条件があります。

割引が多い日程の傾向や条件を知っておくと、自分達にあったお得な日程を見つける事ができるかもしれません。

100万以上の条件は無理でも、80万とか70万の割引が適用される事もあります。

この記事はハナユメ割】を使ってお得に結婚式を挙げたいと考えている方に有益な情報となります。

1年以上先でトップシーズンの大安で結婚式を挙げると決めている方はお得にならないので参考にはなりません。

この記事を読んでわかること

ハナユメ割とは

ハナユメ割で100万以上割引を適用される条件

ハナユメ割でお得になる人ならない人

割引をUPする為のコツなど

「ゼクシィ」や「マイナビウエディング」など結婚式サイトはたくさんあります。

その中でも「ハナユメ」は割引やキャンペーンに力をいれているお得なサイトである事は間違いないです。

【ハナユメ割】の仕組みを理解して、お得に結婚式を挙げて頂ければ嬉しいです。

【ハナユメ割】とは?

割引を連想させる電卓の写真

結婚式サイト「ハナユメ」で式場探しをするだけで適用される割引の事です。

式場ごとに【半年以内】【早割り】【オフシーズン】などのいろんな特典が掲載されています。

ハナユメサイト内のハナユメ割をクローズアップした画像

【ハナユメ割】をみたら、どの時期がお得かが大体わかります。

割引は「ゼクシィ」などの他の結婚式サイトにもあるのですが。。

「ハナユメ」は割引やキャンペーンのお得度を充実させる事で他のサイトとの差別化がはかられており、割引額が多い傾向にあります。

>>>ハナユメ割をみてみたい方はコチラ

ゼクシィの【花嫁割】と比較

人気結婚式サイトゼクシィの【花嫁割】とハナユメの【ハナユメ割】を同じ条件で比較してみました。

例えば、芸能人御用達の目黒雅叙園の【2021年9月~12月挙式・60名】の同じ条件での割引を調べてみると。。

ゼクシィは93万円の割引。

ハナユメ割は112万円の割引です。

19万円も差がある!!

他にも人気の式場のウエディングスホテル・ベルクラシック東京では同条件で。。

ゼクシィは61万円の割引。

ハナユメ割は82万円の割引です。

同条件で比較してみると、ハナユメ割がお得な傾向があります。

全ての式場で【ハナユメ割】の方がお得という事はありませんが、割引額は多いという傾向はあると思います。

理由は、式場探しをしているカップルの【ハナユメ割】がお得という認知度が高い為です。

【ハナユメ割】のお得さを求めるカップルに選んでもらおうと式場は割引を多くして訴求している訳ですね!

2021年6月現在に掲載されている割引で比較しました。

上記比較はハナユメ割がお得な傾向があるという意味です。

どこのサイトより割引が多いと断定している訳ではありません。

いったい何が割引されるの?

【ハナユメ割】は見積総額から割引になる訳ではありません。

割引の内容は式場によって異なります。

  • 挙式料・会場費・衣装などの割引
  • ホテルの宿泊料が無料になる
  • ランクアップが無料でされる
  • 試食会が無料になるなど

ホテルの宿泊が必要ない人でも【ハナユメ割】としてついてきます・・・

必要度の低いものも割引としてついてくる事もあります。

お料理のランクアップや会場費など絶対必要なものの割引は嬉しいですね!

ハナユメ割の仕組みと安くなる理由

式場は100万円もの割引をしても大丈夫なんですか?

結婚式場は100万以上の割引をしても利益がちゃんとでます。

利益を担保したうえで100万以上の割引をしています。

例えば、30名~40名の結婚式では100万円以上の割引は適応外になっています。

利益が担保できないからですね!

結婚式の予約が入らなければ利益は0円。

100万以上の値引きをしても、予約が入れば利益がでます。

予約の入りづらい日程や時期の受注は式場にとってはおおきなメリットとなる訳です。

お客様側からしても、100万円引きで結婚式を挙げれるメリットがあります。

お互いにメリットがあるわけです。

win&winの関係ですね♪

【ハナユメ割】に掲載されている割引条件に該当すれば、100万以上の割引は誰でも適用されます!!

【ハナユメ割】まとめ

  • 【ハナユメ割】は「ゼクシィ」と比較しても、特典が充実している傾向がある
  • 割引される項目は、会場費など結婚式に必要なものが多い
  • 【ハナユメ割】は式場側が予約の欲しい日程に高額割引がつく傾向がある

ハナユメ割の傾向などを解説しました。

候補の式場がある場合は、複数のサイトの割引を比較すると確実です!

【ハナユメ割】は実際に100万以上適用される?

結論からいうと、適用されます

条件(日程や人数)はありますが、150万くらいの割引は多数掲載されています。

私も何度も150万程度を【ハナユメ割】で割引をしたことがありますよ!

ただし、条件によって割引額は変動するので、30万~150万円程度のイメージをもっておくのが良いと思います。

これはハナユメ公式サイトで掲載されている割引額です。

ハナユメ割の2018年の実績データ

100万以上の割引が19%!!

10人に2人が100万円以上の割引を適用されています。

80万以上の割引だと約4割の人が適用されている事がわかりますね!

そんな100万以上の高額割引はどんな条件なの?

【ハナユメ割】100万以上割引の条件の傾向

100万以上の割引がつく条件は式場によって違います。

ここでは条件の傾向として紹介します。

100万以上の割引がつく条件(傾向)
  • 半年以内の結婚式
  • 平日挙式

結婚式までの期間が半年をきると、割引額がグーンとあがります。

なぜ、半年を過ぎると割引額がグーンあがるのかというと、希望する人が減るからです。

半年をすぎると準備が間に合わないと思うカップルが多いという事ですね。。

実際はそんな事は全くないのですが。。

個人的には、半年以内で100万以上の割引はメリットが多すぎると思います

半年前挙式のメリットとデメリットはコチラ

半年以内はちょっと現実的ではないです。。。

そんな方には、条件を複数合わせる事で、割引額がUPさせる方法があります!

複数合わせると適用されやすい条件
  • オフシーズン
  • 80名以上の結婚式
  • 100名以上の結婚式
  • 年度末(3月)までの結婚式
  • 仏滅
  • 長期連休(GW・お盆など)
  • ナイトウエディング
  • 日曜日午後挙式

1つの条件で100万円以上の割引にはならないけど、合わせ技で割引額がUPする事が多いです。

条件は式場によって多少異なります。

ホテルで挙げたい人は天候に左右される事があまりないので、オフシーズンもありですよね!!

ゲストハウスのナイトウエディングは海外の結婚式のように素敵です。

また、遠方ゲストが少ない人にはナイトウエディングは人気でしたよ!

【ハナユメ割】は100万以上適用される【まとめ】

  • 【ハナユメ割】は条件によって100万円以上の割引が適用される。
  • 半年以上先でも複数の条件を合わせて高額割引の適用になる
  • 半年以内挙式はメリットが多い

【ハナユメ割】を使ってお得に結婚式をあげる為に自分達の条件を見直す事が大切です。

次のお得になる人ならない人を参考に検討してみてください!

ハナユメ割でお得になる人

半年以内に挙式を挙げたい人

挙式までの日数が短くなるにつれ割引額が増します。

正直、この条件さえクリアになれば理想の結婚式を予算内であげる事も可能なのでは??

半年以内の結婚式は準備期間などのイメージから検討から外す方も多いです。

半年以内挙式のメリットは多いので、個人的にはおススメです!

半年以内の結婚式の知識をちょっと深めてみたい方はコチラ

メリットやデメリットを解説しています

オフシーズン

一般的にオフシーズンとは、1月、2月、7月、8月を事をいいます。

寒い、暑いという理由で人気がありません。

1週間しか違わないのに、6月末はトップシーズンで7月頭はオフシーズンです。

たった1週間で何十万円もの割引に差がでる事もあります。

ホテルなど天候に左右されない式場はオフシーズンでも大丈夫です。

ゲストの人数が80名以上

大人数の結婚式は、割引が多い傾向にあります。

80名を超えると割引がつく事も多いです。

ナイトウエディング(挙式スタートが16時いこう)

ナイトウエディングはレストランでの結婚式では人気ですが、一般的にはあまり好まれない傾向があります。

  • 遠方のゲストが帰れない
  • 明るい中で結婚式をしたい
  • 二次会が遅くなる
  • ゲストに迷惑がかかるかも

などが好まれない理由です。

ナイトウエディングの魅力は

  • 披露宴の食事が夕食のタイミングで食べれる
  • お酒がすすむ
  • おしゃれな雰囲気を楽しめる
  • 二次会をしなくて良い

などたくさんあります!

イメージや好みの問題が大きいと思います。

土曜日のナイトウエディングはすごく盛り上がってアットホームな雰囲気のパーティが多かったです!

平日挙式

平日は仕事があるので結婚式を挙げるのには人気がありません。

でも、親族のみなど少人数ウエディングの方にはおすすめです!

割引の多さの他に、施設を貸切状態で利用できたり、挙式時間を自由に選べるメリットがあります!

長期連休(GW・お盆・年末年始)

長期連休はゲストが出席しづらい、交通費(飛行機)や宿泊費が高くなるなどの理由で不人気です。

遠方からのゲストが多い方にはおすすめできません。

遠方ゲストが少ない方には、結婚式後休みが長くとれるので人気がありました。

即決できる人

式場には【即決特典】【当日成約特典】など日程に関係ない割引があります。

式場見学に行ってその場で契約すると貰える割引です。

式場によっては、何十万も割引がつくのでお得です。

ただ、特典に惹かれて焦って成約するのはおススメしません。

式場によって異なるので断言はできませんが多くの場合、後日でも同等の割引が適用されるからです。(交渉しなくてはいけませんが。。。)

即決に関しては詳しく記事にしているので気になる方はコチラをチェック

対策としては、第一候補の式場を最後にすると比較もできて即決特典も貰えます。

1件目に行った式場

不思議な割引条件ですよね?

なぜ、1件目に行った式場が割引の対象になるのか。。

これは、初めて行った式場で成約するカップルの割合がとても多いからです。

比較する式場がないので、その式場の魅力度が増すという訳です。

式場にはメリットがありますが、式場探しをしているカップルにはあまりメリットがありません。

2件目でも、3件目でも、「1件目です」と答えるのが良いと思います。

ハナユメ割でお得にならない人

1年以上先のトップシーズンを希望している。

1年以上先の結婚式の割引額は少ない傾向があります。

【早割り特典】などもありますが、お得ではないですね。。

1年以上先の結婚式を決める最大のメリットは、良い日程をおさえられる!

(結婚式は10か月前をピークで予約が入ります。)

六輝や時間帯によっては割引があるのでプランナーに確認するのがおすすめです

小人数の結婚式【20名以下】

少人数の結婚式は、そもそもの総額が100万円代が相場です。

高額割引が適用される事はあまりないのが現状です。

ハナユメ割でお得になる人ならない人【まとめ】

半年以内の結婚式だと100万円以上の割引の適用になる可能性は高いです。

半年以上先の結婚式でも、複数の条件を合わせる事で割引額をUPする事が期待できます。

半年以内の結婚式のメリットデメリット

半年以内の結婚式のメリットとデメリットを解説します!

半年以内でも結婚式が自分達にできそうと思えればお得な結婚式をあげれるという切符を手にする事ができたようなものです!

メリットデメリットを踏まえて、じっくり検討してみてください!

デメリット

準備期間が短い

準備期間の心配をされる方が最も多いのではないでしょうか?

結婚式の準備は人によって違います。

  • DIYや手作りアイテムなどにこだわりたい
  • ドレスをフルオーダーで作りたい
  • 住んでいる場所と違う場所で結婚式を挙げる

こんな方は準備期間が半年ではちょっと焦ってしまいそうですね!

一般的に結婚式の準備開始は、挙式月の4か月前。

【1年の準備期間がある方】も【半年しか準備期間ない方】も式場と打合せする時期は同じタイミングです。

もっと前から打合せがはじまると思っていました!

結婚式の準備は短期集中型なので、こだわりがあまりなければ大きなデメリットとはいえないかもしれません。

良い日程が空いてない

これは、ありえます。

日程は土曜日、大安、昼挙式など人気の日時から予約が入る傾向があります。

私の経験上では、意外と良い日程が空いている事が多いです。

これは、日程変更やキャンセルが出たり、なぜか予約が入らない良い日があるからです。

空き日程に関しては「運」的なところもあるので・・

確認して損はないので、プランナーに聞いてみましょう!

貯金が間に合わない

貯金が間に合わないはちょっと気持ち的にも大変そうです。

結婚式費用は全額前払いの式場も多いです。

支払方法の確認は必須ですね。

前金での支払いに不安がある方は、ブライダルローンを活用するのもあり!

ブライダルローンは、無利子で結婚式費用を借りる事ができます。

大手の式場はローン会社と提携している事も多いです。

ご祝儀を貰ってから支払えるのは安心です。

貯金が間に合わなさそうな方は検討してみては?

ダイエットが間に合わない

結婚式に向けて大幅ダイエットをする方には超重要ですね。

私は結婚式に向けて、10キロダイエットを決行しました!

が、結果6キロで惨敗しました。。。

痩せる事を見越して衣装を決めていたので、最終フィッティングで衣装が入らないという事件がおこり大変でした。。

計画性が大切ですね!

メリット

結婚式の費用が安くなる

最大で最強のメリットです

お料理や衣装にこだわったり、豪華な結婚式が実現できそうです!

結婚式は式場に支払う以外にもなにかとお金がかかります。

  • お車代や宿泊代
  • 二次会費用
  • ゲームの景品
  • エステ代など

費用が安くなるのは重要です。

式場を決定したらすぐ結婚式準備に入れる

結婚式場を決定してからすぐに式場と打合せに入れてテンポがいいです。

結婚式の日程を決めてから、半年以上何もしない時期があるのもちょっと気が緩みます。

ハナユメ割の使い方

ハナユメ割の使いかたは、ハナユメから式場予約をするだけです。

ハナユメ経由の式場予約は式場側も把握しているので、自動的に【ハナユメ割】が適用されます。

【ハナユメ割】は時期や日程によって金額がかわるので、見積に反映されているか必ずチェックしてください。

【ハナユメ割】はハナユメカウンターも使える?

ハナユメが運営している、ハナユメカウンターでも利用できます。

全国に12店舗あり、おすすめの式場を紹介してくれます。

ハナユメ割は実際に100万割引になる?お得なになる人vsならない人【まとめ】

【ハナユメ割】は半年以内の結婚式が100万以上の割引になる可能性が非常に高いです。

半年以上先でも100万円近い割引を複数の条件をクリアする事によりもらえる事もあると思います。

これから式場を探す皆さんが理想の結婚式をお得に挙げれる事を応援しています!

 

 

 

 

こちらの記事もおすすめ!